MENU

 キャンパスに入って一度だけセックスをする機会に恵まれて、無事に童貞を卒業することができたのです。
やはりオナニーよりも全く違った快楽と興奮があるセックス、これはたくさん経験しなければいけないと思ってしまった瞬間でもありました。
ラブラブな恋人を見つけて、自宅でラブホでハメハメ楽しみまくるなんて気持ちになっていたのですが、そんな考えとは裏腹になかなか恋人を作ることができないでいたのです。
高校生の頃からモテるタイプでもありませんでしたから、それは致し方がない部分だったかもしれません。
だけど、より女の子たちがたくさんいるキャンパスの中だから自分にも恋愛ぐらいできるって思っていたんです。
大学に通い始めてからは多くの女の子たちに囲まれているんだから、セックスをいっぱいさせてくれる彼女を見つけられるって思っていたんです。
しかし現実は甘いものでもなく、やはりイケメンたちや面白いやつ達は恋人作って楽しんでいるんだけど、自分にはお鉢が回ってこない状態だったんです。
今あると余計にムラムラした気持ちが強くなってしまって困ってしまってました。
毎日オナニーを繰り返すばかりの生活、これがとても不毛に思えてしかたがなかったのです。
あの女の子のエッチな体を使った性処理、あの時の興奮を毎日でも楽しみたいなんて想像ばかりしていました。
彼女がダメだったらセフレって関係はどうだろう、自然とこの流れになっていったんです。
その場限りの関係だったらより気軽だし、面倒な部分もないからいいのかもしれないと思いました。
神待ちをやっているような女の子だったら、緊急性があるために早いアポが可能であるという話は聞いていました。
家出中の女の子をみつける事ができたら、あとは自宅に招き入れてハメまくっちゃえばいいだけです。
そう思ったらすぐに行動しなければ、そう考えるようになってきました。